紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腰痛 車の運転 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

腰痛 車の運転

2017.10.26 | Category: 腰痛

今回は車の運転と腰痛についてです。

運転をしていると腰が痛いと感じる時はありますか?特に毎日長時間の運転をしている方には腰痛と戦いながら運転している方もいらっしゃるかと思います。運転をする際にもっとも大切なことは安全な走行を確実におこなうことです。安全ドライブの為にも運転座席を自分にあった正しい位置に合わせることが大切でありますし、腰への負担も少なくなります。

そもそも、車の運転で腰痛は座っていることが一番の原因です。上半身は内臓や頭など重いものがたくさんあります。立っている時は上半身の重みを下半身へと分散することができます。座っている状態は、立っている時の2倍知覚の重さが腰にかかるといわれています。また、ずっと同じ姿勢でいることで血行不良とるので、運転は腰痛になる要素がそろっています。

シートとブレーキ、アクセルまでの距離ですが近すぎず、遠すぎずの距離に合わせましょう。近くても遠くても腰に負担はかかりますし操作にも悪影響になるので出発の前に確認しましょう。また、体がピッタリとシートにつくように深くもたれるように座りましょう。また、頭をつけた時に前方を無理なく見渡せる角度にしましょう。クッション等も活用すると腰痛も和らぎます。

また、運転中は目を駆使している状態で長時間の運転は目が非常にダメージを受けています。必死に見ようとして無意識に前傾姿勢になっていると腰痛を招きます。

とくに長時間の運転にはこまめに休憩をとり、ストレッチなどで身体を動かして腰痛を予防しましょう。

眠るときの体勢で腰痛や肩こりに?

2017.10.26 | Category: 肩痛,腰痛

今回は腰痛、肩こり、睡眠3回目になります。今日は眠るときの体勢についてお話いたします。

みなさんは寝るとき、どのような体勢が寝やすく落ち着きますか?

眠るときは、仰向けになって寝るのが正しく健康的であると思っている人がいますが、足を伸ばしたままの仰向け寝というのは腰に負担のかかり、腰痛を招いてしまう原因になります。仰向けの体勢が好ましい方は、膝を立てて、ひざから下の足にクッションや座布団を挟んで乗せましょう。そうすると腰への負担が軽くなります。

また、長時間同じ姿勢でいることは寝ても起きていても同じで、筋肉はこり固まります。寝返りせずに同じ姿勢で寝ていると肩こりや腰痛を引き起こします。

寝る姿勢の中で一番、一番良い姿勢は横向きがいいです。エビのように丸くなるのが理想的と言われています。両膝少しお腹に近づける感じでクッションなどを抱えるようにすると上側の腕の置き場ができてより楽になります。かがむと腰だけは曲げるのではなく、膝も軽く曲げるようにすると腰にかかる緊張が少し軽くなります。人は、昼間さまざまな経験をする中で、脳は非常に大きなストレスがかかっています。その中で脳には不要なアルツハイマーの原因物質アミロイドβ老廃物が溜まります。脳は寝ている間に老廃物の掃除をおこなっていますが、横向きで寝る体勢は脳の老廃物を除去しやすくなります。

 

人生の3分の1の時間は眠っています

2017.10.26 | Category: 肩痛,腰痛

今回も腰痛、肩こりと睡眠についてお話いたします。

枕が合わなくて、夜中に何度も目が覚めたり、肩こりがひどい、朝起きるのが憂鬱なんてことになっていませんか?人は人生の3分の1の時間は眠っています。寝ることが幸せで大好きなんて人も多いでしょう。大半の時間を過ごす睡眠の時間ですので、快適に過ごしたいですよね。

枕が自分に合っているものを選ぶと睡眠の質は大幅に上がります。首や肩の高さや幅、形は人それぞれ違いますので、自分に合った枕を選ぶのは大変です。毎日使うものですので、きちんと試してから買うことをお勧めします。

高すぎる枕は、首や肩に余分な負担がかかって、いびきや肩こりの原因になります。逆に、枕が低すぎますと頭に血液が流れ込むことによって脳への刺激が増えてなかなか寝付けないこともあります。

では、自分にあった枕の選び方をご紹介します。枕に肩は乗せないようにし、枕に肩口があたる程度にして頭を乗せましょう。その時にまくらが低い場合は首元と枕の間に隙間が出来ていることがあります。その場合、首を支えられていないので、首を休ませることができていない状態です。寝たままの状態で首元に手が入るか試してみるとわかります。余裕で手のひらが入る場合は別のまくらに替えると肩こりや痛みが和らぐことがあります。

 

腰痛・肩こり 睡眠①

2017.10.26 | Category: 肩痛,腰痛

今回は腰痛、肩こりと睡眠についてのお話をいたします。

みなさんの寝具の寝心地はいかがですか?翌朝起きるのが辛かったり、寝たら肩こりや腰痛がするなんてことはありますか?

寝具は自然な寝返りのできるものを選ぶのがポイントになります。

柔らかい敷布団やベッドマットレス布団はフワフワして気持ちいいですが、柔らかすぎると体が沈みすぎ、反り腰になり、肩や背中の筋肉も緊張した状態になります。このような状態であると、身体を休ませるどころではなく、腰に負担をかけて腰痛をさらに悪化させることになります。私たちは寝ている間に20回以上寝返りをするといわれています。体の沈む敷布団は、知らぬ知らぬの間に不自然な力が入り、肩や腰に負担がかかります。すると腰や肩の筋肉は緊張状態になり、疲労物質の乳酸がたまり肩こりや腰痛を引き起こします。

逆に硬いベッドマットレスや布団でありますと、肩や腰、胸に圧迫して痛みが出ます。寝ている時に痛みを感じると、脳から寝返りをするよう命令が出ます。適度な寝返りは血行の流れを調整してくれますが、必要以上の寝返りはしっかりと体を休めることができず疲労感で回復しにくくなります。

その点で、ほどよい固さの敷布団であれば、寝返りの際に負担が軽くなり自然に寝返りをうつことができます。

柔らかすぎたり、固すぎる布団は腰に負担がかかるので、寝具の購入の際は実際に寝て、寝返りをうちやすいものを選びましょう。

腰痛・ハイヒール

2017.10.26 | Category: 腰痛,足痛

今回は、腰痛とハイヒールの関係についてお話いたします。

腰痛予防に靴選びは大切な要素です。靴を選ぶときに、もちろんデザインも重要なポイントになりますが一番は歩きやすいかどうかになります。

ハイヒールは履くと立つスタイルが良く見えますが、実際には常につま先立ちをしているような状態ですので安定感に欠け、体が次第に前に傾いていき腰椎のカーブが強まります。そして姿勢をまっすぐに戻そうとするために、いつもより腰に体重の負担がかかり腰に筋肉の疲労が生まれ痛みが発症します。なので、腰痛持ちの人はハイヒールによって腰痛が悪化する可能性があります。

もともと、日本人は骨盤が後傾気味の民族です。腰が痛くなるのは骨盤が前傾になってしまうからなので、常に骨盤を立てる癖をつけることが肝心です。

ハイヒール形によっては歩きにくいものもあります。購入のときは両足とも試履きして少し歩いてみて、足に合うか確かめましょう。腰になるべく負担のかからない、歩き方と姿勢をこころがけましょう。

立つときの正しい姿勢を基本に、自然と腕をはって視線はやや遠くいおいてかかとから着地して歩くようにしましょう。

ハイヒールを脱いだあとは、腰痛にならないように、ストレッチなどで血行を促し慢性的な腰痛を予防しましょう。

 

腰痛 持ち上げ動作

2017.10.25 | Category: 腰痛

本日は腰痛・持ち上げ動作についてお話いたします。

重い荷物を持ったら急に腰痛になったということはありませんか?特にお仕事柄で重い荷物を運ぶといった作業をする方で腰痛に悩んでいる方が多いです。

この重い荷物を持ち上げる動作ですが、全身に多くの筋が参加して、とくに腰への負担が大きく、圧迫力や張力(引っ張る力)、剪断力(ズレを起こす力)が発生します。そのため、腰痛を発生させる危険な動作と考えられています。

例えば、体重の25パーセントの重さの荷物を持ち上げたとします。この荷物を持ち上げる際に第2腰椎に加わる圧迫力は推定体重の4倍といわれています。体重40キロの人が10キロの荷物を持ち上げる場合、160キロの圧迫力が第2頸椎にかかるということですね。

そのため、荷物を持ち上げ動作にはなるべく安全な持ち上げ動作があります。腰部への負担を軽減するには、しゃがみ込み持ち上げ動作、膝への軽減をするためには、前かがみ持ち上げ運動のほうが優れています。

また、重い荷物を持ち上げる時は、以下のポイントを考慮していただくと、腰への負担はかかりにくくなります。

・荷物は体に密着させる。

・腰への極端な曲げ伸ばしの動作は避ける。

・できるだけ、ゆっくりとした動作を一定の速さで行う。

・腰だけで持ち上げようとせずに、股や膝など下半身全体の筋肉を使って持ち上げる。

・体の筋肉が伸びきった状態から力を入れない。

以上になります。重い荷物を持ち上げるときに持ち上げ方を注意するだけで腰痛は予防できます。

ひざ痛 ランニング障害

2017.10.25 | Category: 膝痛,足痛

今回はひざ痛とランニング障害についてお話いたします。

ランニングはされていますか??健康志向ブームにより、多くの人がジョギングを行っていらっしゃいます。ランニング人口が増えて、多くの地域や種類のマラソンが開催されるようになりました。それに伴い、ランニングが体にもたらす有効性だけでなく、マイナスの面も現れるようになりました。ランニングによる疲労骨折や腱炎のような整形外科疾患と、貧血や月経異常のような内科疾患を総じてランニング障害とよびます。

整形外科疾患の場合、速度を上げ、走行距離を伸ばしてきた経験の浅いランナーに多く発症します。おもに足部から膝関節にかけてひざ痛や足の痛みを発症する疼痛性疾患が多くみられます。

走行は歩行よりも関節や筋に与える負荷が大きく、ランニング障害を引き起こす頻度も高まります。また、要因としては、年齢や肥満、ランニングのフォームや走行距離、走路、シューズなどの問題が上げられます。

自分の身体の体調や状態を把握せずに、自己流のトレーニングを行うことで気付かないうちにランニング障害を起こしている可能性があります。

ランニング障害を予防するためには、十分なウォーミングアップとクールダウンとしっかりと休養をとることを心がけましょう。

腰痛 ぎっくり腰②

2017.10.25 | Category: 腰痛

腰痛・ぎっくり腰の第2弾になります。

ぎっくり腰になってしまった場合、応急処置として、患部を広げないために冷やすことが重要です。炎症はそのままに放っておくと、周りの細胞を巻き込み拡大させていくので、まず冷やすことで細胞の反応を鈍らせることが大切です。

ぎっくり腰になった直後は温めてしまうと炎症がさらに広がりますので、冷やして無理のない姿勢で安静にするようにしましょう。

ぎっくり腰になり、ベッドで寝ていて起き上がるときに痛みが出て辛いなんてことがあるかと思います。なるべく痛みを少なくする起き上がり方もありますので、ぜひご参考にしてみて下さい。

1.仰向けに寝転んだ状態から膝をたてます。

2.膝を横に倒し、全身でころがり、横を向きましょう。

3.2の体勢から足をベッドから降ろしたます。上にある手で手すりなどなどの安定しものを掴み、下になっている手の肘でベッドを押しながら起きてみて下さい。以上です。

少しでも早くぎっくり腰を治したいために安静にしておくことが一番と考える方もいらっしゃるかと思いますが、痛みがおさまったら、無理のない程度に筋肉を動かしこり固まったコリを解していくことが大切です。

ぎっくり腰の対策としては、腰回りの筋肉を柔軟にして筋肉バランスを良くしておくことで回避できます。

腰痛 ぎっくり腰①

2017.10.25 | Category: 腰痛

今回は腰痛、ぎっくり腰というテーマでお話させていただきます。

腰痛の原因となる病気がはっきりとわかればいいのですが、原因がわからない腰痛を抱えていらっしゃる方が実は多いです。はっきりとした特定の原因がわからない腰痛の多くは、筋肉や筋膜の捻挫や疲労が原因と考えられます。背骨と背骨とつなぐ関節のずれが腰痛を引き起こすこともあります。これらの腰痛には慢性化のものと急に起こる急性のものがあります。

ぎっくり腰は不意にギクッと音がしたかのように腰に痛みが出て動けなくなる症状です。ぎっくり腰はその急性な腰痛症のことをいいます。椎間板のずれや椎間板をつくる袋や膜が関節に挟まれてた状態が原因であると考えられます。ぎっくり腰は、筋肉に持続的に負担がかかることや、急激な負荷が腰にかかるなどが主な要因です。思いものを持上げようとした、物を取ろうとした、くしゃみ、立ち上ろうとした、転んだなどの日常の何気ない動作から、腰に痛みがはしります。

寒い時期や季節のかわりめにぎっくり腰を起こす人が増える時期になります。また、一度ぎっくり腰になると再発する人が多いです。再発する理由は不安定な状態で腰に負担をかけるためです。ぎっくり腰になった人は、腰を安定させることで痛みが軽減されますし、再発の防止にも効果的です。

ふくらはぎってすごく大事です!

2017.10.25 | Category: 足痛

今回も、ふくらはぎとむくみについてです。

今回は「気」についてお話させていただきます。気というのは私たちの生命活動の源泉となり精神神経にも深く関与してます。気が、正常に流れていれば健康でありますが、気滞といって気の流れが滞ると冷えやほてり、痛み、しびれなどの不調が起きます。

ふくらはぎのマッサージは、気に刺激を与えて停滞している気を体中に巡らせることが出来ます。東洋医学では気の通りみちのことを経絡とよびます。この経絡に流れている気の量は多くても少なくてもいけません。経絡にはツボが存在しますが、ツボは全身に流れる気の量を調整して、滞りを解消してくれます。気の流れと血の流れはともに併走していますので、気の流れが良いと血の流れも良くなります。

体の中の気・血・水を蒸気機関車に例えますと、気は蒸気、血と水は燃料のような役割です。燃料が乏しいと蒸気は発生せず、蒸気がなければ機関車は動かことができません。また、燃料は満タンであっても、蒸気の不具合でうまく蒸気がうまく作られなければ走ることはできません。つまり、気・血・水の3つが揃うことで人間の体は正常に動かせることができます。

ふくらはぎには経絡が集中しています。ふくらはぎを揉むときは経絡の流れを意識して、ふくらはぎの内側は下から上へ、ふくらはぎの外側は上から下へ揉んでいくといいです!