紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

バスケ治療

バスケ治療を受けているけれど、痛みやしびれ、強張り感がなかなか解消されないとお悩みではありませんか?もしも今、その患部だけに治療が行われている場合には、より全体的なバランスを考えた施術を行った方がさらに効果的であるケースもございます。通院を重ねても改善されない不調は、大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院のバスケ治療で根本から解消してまいりましょう。

バスケットボールは、跳躍力と瞬発力が求められるスポーツです。ボールを奪い合う際には、選手間で素早い動作が繰り返されるため、知らず知らずのうちに筋肉や関節に大きな負担がかかっている可能性があります。
よく起きるケガとして、つき指があります。みなさんは「たかがつき指」と思った方も多いのではないでしょうか?これはバスケだけではなく、ボールを扱うスポーツによく起こります。指先と付近の関節の腫れ、痛み、運動障害が起こります。脱臼や骨折を伴うこともあります。
また、指の第一関節を自分で伸ばすことが出来ない「槌指変形(ついしへんけい)」では、腱の断裂か、腱が骨から離れていることがあり、後遺症が残ることもありますので、早めに受診するようにしましょう。

次に頻度が多いケガが、膝半月板損傷です。スポーツ以外でも階段からの転落などによっても起こります。
症状としては、膝関節の痛み、引っかかり感、曲げ伸ばしが十分に出来ない、関節に水がたまる関節水症などが起こります。損傷した半月板によるカクンカクンといった雑音がすることもあります。
半月板は膝関節の内側と外側にあり、脛骨関節面の辺縁部を覆い、クッションの役目をしている線維性軟骨ですが、膝を捻じったりすると、大腿骨と脛骨の間に挟まれて損傷してしまいます。

また、骨格に少しでもゆがみが見られる場合、それを正さなくては同じ症状を繰り返してしまう危険性が高くなってしまいますので、身体全体を総合的に整えるバスケ治療が求められます。大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院にお任せください。

大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院では、バスケットボールによって生じた不調を、まずは原因から特定し、痛みやしびれ、強張りを和らげながらボディバランスを整えてまいります。たとえば、跳躍を重ねることで生じる「ジャンパー膝」はバスケ治療で特に多い不調の一つですが、これも骨格のバランスを整えることで再発しにくくなる可能性が高まります。どのようなご相談も、ぜひ気軽にお寄せください。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内