紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

足底腱膜炎 | いいな鍼灸整骨院|大津市・瀬田・石山

電話番号
営業時間

足底腱膜炎

足底腱膜炎とは、足の付け根からかかとにかけて張り巡らされている「足底筋膜」が炎症を起こし、微細に断裂することで痛みが生じる現象をいいます。足底腱膜炎には、足底筋膜の終結点であるかかと付近に痛みが現れるという特徴があります。朝起きた時、布団から出て足を一歩踏み出す時に痛みが生じれば、この症状を発症している可能性が高いです。特に立ったり歩いたりすることが多い中高年の方がなりやすく、かかとの骨(踵骨)の内側に鋭い痛みがあります。また、趣味でジョギングをしていたり、最近ウォーキングを始めた、仕事でよく歩く方や育児で赤ちゃんを抱っこすることが多くなった方がなりやすいです。そんな方は一日も早く大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院にご相談ください。

足底腱膜炎は、なぜ起こってしまうのでしょう。足底筋膜は、ちょうど土踏まずの場所を縦に通っている筋膜です。
私達は普段の生活の中で、立ったり歩いたり走ったりなど、色々な動きの中で足裏の筋肉に疲労が蓄積していくと動きが悪くなってしまい、その状態でさらに動き続けることによって、だんだん筋肉が硬くなっていきます。
この硬くなってしまった筋肉のまま動き続けることで、筋膜が引っ張られて過剰な負荷がかかり、痛みが発生します。そのため、硬くなっている筋肉を柔らかくしていくことで痛みを改善することができます。
底が平らで固いシューズを着用されていたり、長い時間立ち仕事をされている方などは、足裏に疲れがたまりやす為、発症しやすい傾向にあります。
とはいえ、足の裏にはすねやふくらはぎなどの筋肉も繋がっています。例えば、立ち仕事などでかかとを痛めてしまった方はふくらはぎが硬くなり、かかとが引っ張られ、かかとに付着する足裏の筋肉に負担がかかり痛みが起きている可能性が考えられますので、足裏だけをほぐしても痛みはなかなか取れません。

では、どうすればいいのでしょうか?
キレス腱やふくらはぎなど全身の筋肉も柔らかくしていきましょう。全身の筋肉が柔らかくなってくると、体の力が抜きやすくなってきたり、動き方なども変えやすくなって足への負担が軽減されます。大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院で、痛みを速やかに取り除いていきましょう。

大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院では、足底腱膜炎にお悩みのお客さまへ丁寧にカウンセリングを行い、痛みの度合いに合わせてお身体に負担のかからない施術を多角的に行ってまいります。痛みが悪化しますと、歩くこともままならない状態へ陥ってしまう可能性がございますので、ぜひお早目にご相談ください。