TEL

Blog記事一覧 > ブログ > 首・肩・背中の体のしくみ③

首・肩・背中の体のしくみ③

2017.05.14 | Category: ブログ

前回は椎体や椎間板や靭帯、筋肉についてご説明させて頂きましたので、今回はもう少しだけ首・肩・背中の体のしくみについてご説明させて頂きますね。

椎骨が連なって出来た背骨のことを脊椎ともいいます。その脊椎は横から見ると真っ直ぐではなくカーブをしてりるところがいくつかあります。頚部はお腹側の前方に、胸部は背中側の後方に、腰部はお腹側の前方に、お尻の臀部は背中側の後方に湾曲して脊椎全体ではS字状のカーブを描いています。なぜS字状のカーブを描いていること言うと、生まれた際には脊椎は全体が後方に頚部は前方に湾曲しています。これはハイハイなどの4足歩行をしているからです。そして成長し立てるようになり2足歩行へと変わっていくと重い頭を支えるために腰部はお腹側の前方に、臀部は背中側の後方に湾曲していきます。そして頚部と腰部は前方に胸部と臀部は後方にと、上半身の重みを分散して歩行などの衝撃を和らげる現在のS字状のカーブの姿勢になります。そのおかげで人間はバランスよく立っていることができるのです。

4足歩行と2足歩行では背骨の形状が大きく違うのですね。

次回も首や肩や背中の体のしくみについてご説明させて頂きますね。

 

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内