TEL

Blog記事一覧 > ブログ > 関節の痛み②

関節の痛み②

2017.05.11 | Category: ブログ

今回も前回の続きで関節の痛みの原因のひとつである「痛風」についてお話していきますね。

この病気の原因は、尿酸というものが体内に蓄積されて、高尿酸血症という状態になることにあります。そもそも「尿酸」とは一体何なのでしょう?

名前から連想すると「尿の酸」と思いがちですが、そうではないんです。尿酸の元としては、食品に含まれる「プリン体」が有名ですね。でも、食品のプリン体から作られる尿酸は全体の20~30%に過ぎず、残りの70~80%は体内で作られるエネルギーの燃えカスと、細胞の核にある遺伝子(DNA)が分解された老廃物なんです。いわば使用後のゴミのようなものなので、体外に出さずに体にたまると悪影響が出てしまうのです。

この体に残ってしまった尿酸は、通常は血液に溶けた状態で存在しています。しかし、量が増えて増えてくると溶けきれなくなって、尿酸が関節などに結晶化して炎症を引き起こしてしまいます。

最も多い部位は、足の親指の関節です。その他は足首やアキレス腱のつけ根、足の甲にも起こります。そして発作が繰り返されるたびに重症化していきます。

次回は、尿酸が蓄積されると起こる「高尿酸血症」につてお話していきますね。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内