TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 瀬田・石山 腰痛と高血圧

瀬田・石山 腰痛と高血圧

2018.06.10 | Category: 未分類

前回に引き続き、今回も「腰痛と高血圧」についてお話します。

色々な生活習慣から高血圧になってしまっても、治療をしないでそのまま放置する人がかなりいると依然お話しましたが、そのままにしておくと、どのようなリスクがあるのでしょうか?

◎脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血など)
高血圧によって最もリスクが高くなるのが脳卒中です。脳卒中は命が助かっても、運動障害や言語障害が残りやすく、長期のリハビリが必要になることも少なくありません。

◎心疾患(心筋梗塞・狭心症など)
高血圧は、心疾患のリスクも高めます。とくに男性の場合は影響が大きく、収縮期血圧が10㎜Hg高くなると、心筋梗塞や狭心症の危険度が約15%も増加します。

◎慢性腎臓病
血圧が高いと腎臓にも大きな負担がかかり、血液中のナトリウムなどの排出がうまいかず、さらに血圧が上昇する悪循環を起こしやすくなります。慢性腎臓病を起こすと、脳卒中や心筋梗塞による死亡率も高くなることがわかっています。

高血圧が見つかったら、血圧上昇を招く生活習慣を見直すとともに、起床後や就寝前、または職場などで日頃から血圧を測定してそれを記録しておき、自分の変動傾向や危険な時間帯などを知っておくことがとても大切です。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内