TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 石山・瀬田 梅雨と腰痛頭痛

石山・瀬田 梅雨と腰痛頭痛

2018.05.27 | Category: 未分類

数回にわたって、腰痛や頭痛とも関係が深い梅雨についてお話しています。
今回は梅雨時期に起きやすい食中毒についてお話していきますね。

食中毒予防の三原則は、『菌を付けない・増やさない・やっつける』です。
食中毒は、その原因となる細菌が食べ物に付着し、体内へ侵入することによって発生します。食中毒を防ぐためには、細菌を食べ物に「つけない」、食べ物に付着した細菌を「増やさない」、食べ物や調理器具に付着した細菌を「やっつける」という3つのことが原則となります。

手にはさまざまな雑菌が付着しています。食中毒の原因菌やウイルスを食べ物に付けないように、しっかり手洗いをしましょう。

細菌の多くは高温多湿な環境で増殖が活発になりますが、10℃以下では増殖がゆっくりとなり、マイナス15℃以下では増殖が停止します。食べ物に付着した菌を増やさないためには、低温で保存することが重要です。
食品を買う際には賞味期限を確認して、新鮮なものを買うようにして、家に帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。
とはいえ、冷蔵庫に入れても細菌はゆっくりと増殖しますので、早めに食べることが大事です。

調理をする際は、加熱をすることでほとんどの細菌は死滅しますので、肉や魚、野菜も加熱すれば安心です。
ふきんやまな板、包丁などの調理器具にも、細菌やウイルスが付着します。特に肉や魚、卵などを使った後の調理器具は、洗剤でよく洗ってから、熱湯をかけて殺菌しましょう。台所用殺菌剤の使用も効果的です。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内