TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 草津・瀬田 腰痛と痔

草津・瀬田 腰痛と痔

2018.05.19 | Category: 未分類

腰痛とも関係が深い「痔」について数回にわたってお話しています。
前回は3つに大まかに分類される痔の1つである「痔核(じかく)」についてでした。
今回はその続きからです。

●裂肛(れっこう)→切れ痔
肛門の皮膚が、硬い便との摩擦で傷つき、それが続くと傷が深くなって強い痛みと出血を引き起こします。排便のたびに激しく痛むため、排便を我慢しててまた便秘になり再び肛門を傷つけるというか悪循環に陥りがちです。男性よりも女性に多いのが特徴です。

●痔瘻(じろう)→あな痔
おもに下痢が原因となって直腸から肛門の周囲の粘膜に傷がつき、大腸菌などの細菌が侵入して炎症が起こり、膿がたまります。膿は自然に皮膚を破って外に流れ出します。この膿が流れ出た通り道が、肛門の周りに残るのが「痔瘻」です。
溜まった膿が外に出ると症状は楽になりますが、常に膿が出たりするため、下着が汚れて不快感があります。放っておくと段々ととひどくなり、自然に治ることはありません。完治させるためには病変部を取り除く手術が必要です。

このように、ひとくちに「痔」と言っても症状や原因は様々です。自分がどのタイプなのかをしっかりと把握して、症状が悪化しないように気をつけましょう。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内