TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 瀬田・大津 腰痛と痔

瀬田・大津 腰痛と痔

2018.05.16 | Category: 未分類

前回から、腰痛の方がなりやすいと痔についてお話しています。
今回はそんな痔のさまざまな種類についてお話していきたいと思います。

「痔」とは、肛門とその周辺の病気の総称で、だいたい「痔核(じかく)」「裂肛(れっこう)」「痔瘻(じろう)」の3つに大きく分けられます。

●痔核(じかく)→イボ痔
私たちが「イボ痔」と呼んでいるもので、医学的には「痔核」といいます。これは、排便時の気張りや出産時の強いいきみによって、肛門粘膜の下層にある静脈に血流のうっ血が生じ、静脈が拡張して静脈瘤が生じます。その結果、粘膜がイボ状に持ち上げられて発生します。
痔核は発生部位によって、直腸側にできる「内痔核」と、肛門側にできる「外痔核」に分けられます。
内痔核は肛門管の内側から生じたイボが、排便時に肛門管の外に脱出して触れるものです。軽度のものなら排便後は自然に肛門の内側に戻るのですが、中等度のものは戻らないが手で押すと戻るもの、重度のものでは手でも戻りません。
外痔核は便秘や下痢、過度の飲酒などが引き金になり、拡張した静脈に血流障害や静脈炎を生じたりして、血栓が形成され血管がイボ状に腫れてできます。外痔核は本来、肛門管の外側に出来るので、いくら手で押しこんでも肛門管内に戻りません。痛みがあるので診察により診断は可能です。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内