TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 肩 五十肩

肩 五十肩

2017.08.17 | Category: 未分類

今回は、肩の五十肩についてご説明させて頂きます。
五十肩は、一般によく知られているのですが、四十肩と五十肩は違うのといった質問を頂くことがあります。
四十肩も五十肩も、中高年に多い肩の痛みや動かしにくさで、40歳代になれば四十肩、50歳代になれば五十肩といいます。この四十肩や五十肩は、老化による肩関節の筋肉や腱の変性が原因となって起こる疾患です。
以前にも肩の構造についてご説明させて頂きましたが、少し前のことなので今回復習しましょうね。
肩の関節は、腕の骨の上腕骨と、背中の肩甲骨、鎖骨の3つの骨が組み合わさって肩関節を作っています。
肩甲骨の凹んでいるくぼみに、上腕骨の上の部分の上腕骨頭という部分がはまっている形です。
肘や膝の関節は曲げ伸ばししか動かない関節ですが、肩の関節は、前後・横・斜め・回転など様々な動きができる関節です。肩甲骨と上腕骨頭のはまりこんでいる部分が浅くなっているので、様々な動きが可能になります。
接合面が浅いために、動きは広くなりますが不安定になるので周りの筋肉がしっかりと支えているのです。
その支えている筋肉をローテータカフと言って棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋が集合して肩関節をしっかりと支えているのです。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内