TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 自律神経の乱れ 夏バテ

自律神経の乱れ 夏バテ

2017.08.15 | Category: 未分類

まだまだ残暑が続いていますが、皆さん体調管理は大丈夫でしょうか?夏バテによる体調不良や体のだるさに悩まされてはいませんか?

夏バテとは、暑さによる胃腸の機能低下や発汗による脱水などが引き落とす体の不調です。おもな症状としては、食欲不振や全身の倦怠感、気力の喪失などが挙げられます。
ところが、最近の夏バテは暑さそのものよりと、むしろ暑さ対策で行なっていることご原因となってしまう場合が多いとされています。

私たちの体は、自律神経によって暑さを感じると汗をかき、血管を拡張させて体の外へ熱を逃がして体温上昇を防いでいます。一方、寒いと感じたら血管を収縮させて熱を逃がさないようにしています。夏場、外は蒸し暑くても、建物の中に入ってしまうと、室内はエアコンによって温度調節されているところばかりで、肌寒く感じることもあります。このような急激な温度変化を繰り返していると、次第に自律神経がバランスを崩し、温度変化調節にうまく対応できなくなってしまいます。
すると、冷えた室内から炎天下に出ても、その外気温に体がなかなか反応せず、汗もかきにくくなります。汗をかかないと熱がこもるだけでなく、乳酸などの疲労物質も体内にたまり、全身のだるさや疲れの原因になります。

そうならないためにも、体の血流を良くして、自律神経が崩れないよう気をつけましょう!

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内