TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > ひざ痛 特発性骨壊死

ひざ痛 特発性骨壊死

2017.08.11 | Category: 未分類

今回は、ひざ痛の特発性骨壊死についてご説明させて頂きますね。
特発性骨壊死という名前は、聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。漢字から想像すると、壊死など少し怖いイメージがありますね。みなさんの想像通り、特発性骨壊死とは骨に壊死が起こる疾患です。
ちなみに、壊死とは体の一部の細胞や組織が死滅することをいいます。
太ももの骨の大腿骨のひざ関節面に血行障害が起こり、骨の一部が壊死して変形が起こっていきます。内側の関節面に発生することが多く、その場所の骨が潰れてしまって痛みが発生してしまいます。
では、どういった年代に特発性骨壊死の方が多いのでしょう?
特発性骨壊死が多くみられるのは、50代以上の女性に多く見られ原因はよくわかっていない疾患です。
症状は、立ったり座ったりするときや、動かしたときにひざに痛みがでて変形性ひざ関節症と共通する点がありますが、違う点は夜間や寝ているときを含めて痛みが非常に強く出る事です。

基本的には保存療法を行いますが、改善しない場合には手術も選択されます。

今回は、ひざ痛や特発性骨壊死という疾患についてご説明させて頂きました。
次回は、半月板やスポーツによる損傷についてご説明させて頂きますね。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内