紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > 未分類 > ひざ痛 変形性ひざ関節症⑨

ひざ痛 変形性ひざ関節症⑨

2017.08.08 | Category: 未分類

前回は、ひざ痛の変形性ひざ関節症の人工ひざ関節全置換手術についてご説明させて頂きました。
今回は、別の手術についてご説明させて頂きますね。
人工ひざ関節全置換手術以外にも、関節鏡下郭清術や高位脛骨骨切り術などが変形性ひざ関節症の状態によって行われます。
関節鏡下郭清術は、ひざの軟骨や半月板が軽度の変形によって起こる痛みに対して行われる手術です。
傷んだ軟骨や骨棘を切除して、羽毛立った軟骨の表面を整えたり、剥がれ落ちた組織の破片したり、癒着した関節包を除去します。そして関節内をキレイに洗浄していきます。
手術した翌日から、ひざの曲げ伸ばしや歩行が可能で、数日で退院できます。2〜3週間経過すれば手術後の痛みや違和感もなくなり、いつも通りの日常生活を送ることもできてきます。この手術は、傷が小さいので体への負担も小さく高齢者の方でも手術を受けやすいのが特徴です。ただし効果としましては、限定的になります。軟骨が再生するのではないので、再び痛みが現れることが多々ありますので、しっかりと運動や体重の管理を行って再び痛めないようにしていくことが大切ですね。
変形性ひざ関節症の手術といっても、様々な方法があるので現在の状態にあった手術をしていくことが大切です。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内