紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > 未分類 > 腰痛 腰椎分離症・分離すべり症②

腰痛 腰椎分離症・分離すべり症②

2017.07.26 | Category: 未分類

今回は、腰痛の腰椎分離症や分離すべり症についてご説明させて頂きますね。
前回、腰椎分離症は成長期の子に多くみられ、スポーツによる疲労骨折がが原因となることをお伝えさせて頂きました。特に、背中を反らせる動きが多いスポーツは注意が必要です。
腰椎分離症は、第5腰椎に起こりやすく骨折した際には激しい痛みがあり、腰をひねったり、反らせたりすると痛みが強くなります。椎骨が分離してしまうと、腰の骨が不安定になってしまい、周りにも負担がかかるために鈍い痛みがその後も続くことになります。治療は、初期の段階でコルセットなどを装着して、激しい運動は控え適切な処置を行なっていくと6から12ヶ月で骨がくっついて治療できるのですが、我慢をして運動を続ける方が多いのが現状です。ときには、激しい痛みがなく腰痛がある程度の方もおられ、気づかないまま放置してしまい大人になられる方もいます。そうしますと、腰椎分離症が進行してしまい分離した椎骨が前にずれていきます。この状態が腰椎分離すべり症です。分離すべり症は、成人に多くみられ、前にすべった椎骨が神経を圧迫してしまうと、腰やお尻や脚にかけて痛みが出たり、しびれがでてりします。分離すべり症にならないためにも、腰痛ぐらいと思って放置せずに早めに処置をしていくことが大切ですねら。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内