TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 交通事故の多いケガ(PTSD)

交通事故の多いケガ(PTSD)

2017.07.14 | Category: 未分類

前回は、交通事故の多いケガの一つとしてダッシュボード損傷による骨折や脱臼などについてご説明させて頂きました。ダッシュボード損傷という名前を初めて聞いた方も多いのではないでしょうか?
今回は、体のケガでは無く心のケガについてご説明させて頂きますね。
PTSDという名前を聞いたことはあるでしょうか?
最近では、テレビやニュースなどでたまに特集されたりするので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、PTSDとは、POST Traumatic Stress Disorderの略で心的外傷後ストレス障害のことです。
交通事故という生死に関わる衝撃的な体験をしたことで、その事故をフラッシュバックしたり、過剰に反応を起こしたりなど日常生活に支障をきたすような状況になることもあります。
このように交通事故によってPTSDになったとしても、その症状が交通事故の後遺症と認定されて、損害賠償を補償してもらえるケースはかなり困難といえます。
なぜかと言うと、PTSDと交通事故との因果関係を証明する事が難しいからです。
日常生活レベルの中で多少のストレスは誰でもありますし、どんな凄惨な交通事故であっても被害者全員が同じようなPTSDになるわけではなく、個人差が凄くあるから因果関係を証明する事が難しいのです。
自賠責保険によるPTSDは、程度に関わらずほぼ14級と認定されてしまうようです。
今回は、心のケガのPTSDについてご説明させて頂きました。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内