TEL

Blog記事一覧 > ブログ > 首や肩の痛み 後縦靭帯骨化症

首や肩の痛み 後縦靭帯骨化症

2017.06.13 | Category: ブログ

今回は、首や肩の痛みの後縦靭帯骨化症についてご説明させて頂きますね。

人間の頭と骨盤の間には背骨があります。その背骨の1つ1つのことを椎骨といい、その椎骨が連なって脊柱といいます。

その椎骨をただただ積み上げていったのでは不安定なので、椎骨と椎骨をしっかりと補強しているのが靭帯になります。

例えば積み木を積み上げていくとグラグラと不安定になってきますよね。それならば積み木をそれぞれ強い糸で縛りながら積み上げていくと安定するのがイメージできると思います。それと同じで椎骨も積み上げていくと不安定になるのでその椎骨を糸の役目をしているのが靭帯になり、しっかりと椎骨同志をつなげて安定させています。

脊柱の周辺には前縦靭帯、後縦靭帯、黄色靭帯という3本の靭帯があります。そのうちの後縦靭帯というのは脊柱管の中を通っている靭帯です。少し脊柱管についておさらいです。脊柱管とは1個1個の椎骨が連なって脊柱となります。椎骨はお腹側の椎体と背中側の椎弓からなり、椎体と椎弓の間に空間があります。その空間が連なって脊柱管となりますというお話は以前させて頂きましたね。その脊柱管の中を通っているのが後縦靭帯になります。

次回は、首や肩の痛みの後縦靭帯骨化症について詳しく説明していきますね。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内