TEL

Blog記事一覧 > ブログ > 首・肩・背中の要注意の痛みやこり③

首・肩・背中の要注意の痛みやこり③

2017.05.23 | Category: ブログ

前回は急に首や肩や背中が痛くなった際には、自己判断で引っ張ったりせずに安静にして、強い痛みがあるときには固定をしましょうねとご説明させて頂きました。

今回はその続きの痛みの対処法についてご説明させて頂きますね。

痛めたところが腫れたり熱を持ったり激しく痛んだりする際には、筋肉や腱が炎症を起こしている可能性が高いです。そう言った時には痛めたところを冷やしましょう。タオルなどを当てて、その上から氷のうなどで冷やして下さい。その際に注意して頂きたいのは直接氷などを当ててしまうと、凍傷や低温火傷になってしまうのでタオルなどを一枚間に挟みましょう。そして患部を冷やしている際には、できるだけ安静に動かさないようにしましょう。決して自己判断で放置するのはやめましょうね。

痛めた原因や痛みの程度、急な強い痛みの際には早期に病院に受診するようにしましょう。他にも痛みが長期間続く場合や、他の場所まで痛みがでてきた、どんどんと痛みが悪くなってきているときなども受診してしっかりと対処していきましょう。受診する際にはいつ・何をして痛めたか、どこが痛くて、どのように痛いかをきっちりと説明しましょう。

次回は、受診したときにどのような検査をするかなどについてご説明させて頂きますね。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内