TEL

むち打ち

むち打ちは、病院で治りにくい症状です。交通事故の際、首の筋肉や靭帯などへ損傷が起こることで、むち打ちの症状が起こりますが、病院の精密検査にこの損傷部位が写りにくい傾向にあるのです。

むち打ちの正式名称は「外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)」といいます。この損傷は首がむちのようにしなり、頭部もふられるために頸椎の関節におこるものです。正面衝突でも後ろから追突された場合でも、重い頭を支える首にとても大きな衝撃があるために、首に痛みを引き起こします。
症状としては、首の痛みや熱感、肩こりの他にも、首のこわばり、動かしにくさ、背中の痛み、腕の痛みやしびれ、頭痛、めまい、目がかすむ、耳鳴り、難聴などがあります。
交通事故を起こしても、すぐには痛みなどを感じない場合もあります。しかし少し時間が経ってからや翌日に痛みを感じることも多いので、事故にあった場合は必ず病院を受診するようにして下さい。
もし現在、痛み止めや湿布薬の定期的な処方しかされていないという場合には、ぜひ大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院へお越しください。

むち打ちには「頚椎捻挫型」「バレー・リュー症候群型」「神経根症状型」「脊髄症状型」のように種類があります。

「頚椎捻挫型」→首のまわりの筋肉や靭帯の捻挫によって、首を動かすと痛みが出る
「バレー・リュー症候群型」→脳に栄養を送る椎骨動脈の血流低下による頭痛、目のかすみ、眼精疲労、めまい、耳鳴り、吐き気
「神経根症状型」→脊髄から枝分かれした神経が圧迫されることによる、腕や手のしびれ、痛み、ダルさ、後頭部の痛み
「脊髄症状型」→脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)というもので、髄液圧が急上昇した際にくも膜が裂け、脳脊髄液が減少する

これらの損傷がMRIなどの精密検査でハッキリと分かればまだよいのですが、多くの場合明確な損傷部位が写り込まず「むち打ちですね」といった頼りない診断に終わってしまいます。放っておくと、後に後遺障害となって症状が根づいてしまう可能性もありますので、大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院で少しでも早く適切な治療を始めましょう。

大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院は、火・金曜日以外の診療日は夜20時までご予約を承っております。従いまして、病院との同時通院の際にも便利でご来院いただきやすく、病院がお休みである週末にご来院いただくことも可能です。むち打ちや原因不明の痛み、しびれなど、どのようなことも気軽にご相談ください。

交通事故に遭ってしまったら

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜

当院までの道順案内