TEL

膝痛

膝痛が解消されずお悩みではありませんか?最初は弱い痛みだったのに、日が経つにつれ痛みが強くなってきたという場合には、少しでも早く適切な処置を行うのが理想的です。膝痛は慢性化しやすい症状ですので、早期治療が早期回復への近道となるのです。ぜひ一度、大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院にご相談ください。

膝が痛いときには「いつから痛いのか」「どこが痛むのか」「どのような痛むのか」「何をしたときに痛むのか」「膝以外の症状はないか」など痛みの種類や場所、痛み方、程度などをチェックしましょう。
膝痛の多くは、関節軟骨がすり減り、炎症が起こることから生じます。では、どのように炎症は起こるのでしょうか?
膝関節の大腿骨と脛骨は、関節軟骨によって保護されています。ところが、膝の病気やケガ、加齢などで徐々にすり減り、破片がはがれ落ちてしまうのです。
この破片が、膝関節を覆う関節包の内側にある滑膜を刺激します。すると刺激により免疫細胞を含んだ関節液が大量に分泌されます。
これは体の防御本能の1つで、このとき化学伝達物質や、サイトカインというたんぱく質が放出されます。これらの物質や免疫細胞の作用によって腫れや発熱、痛みなどが起きます。これが炎症です。

炎症によって痛みが起こると、、周りの腫脹によって血行が悪くなります。そうすると関節包内の老廃物の排出が滞り、ますます炎症が悪化するという悪循環に陥ってしまいます。そうならないためにも、炎症の兆しが見えたら放置しないで、出来るだけ早く治療して、この炎症悪循環を断ち切りましょう。

膝痛には「変形性膝関節症」や「ランナー膝」「ジャンパー膝」など、実にさまざまな種類があります。いずれの場合も、膝にかかっている負担を軽減することで治療の効果を高める必要があります。たとえば骨格にゆがみがあるような場合、膝に通常はかからない負担がかかりやすくなる傾向にあります。大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院で、お身体全体のバランスを整え、関節痛の起こりにくい身体づくりをしていきましょう。

大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院では、膝痛にお悩みの患者さまからじっくりとお話を伺い、触診や視診を必要に応じて行った上で、多角的に治療を施していきます。他の治療院と違う点は、お身体全体のバランスを整えていくというところです。症状の回復はもちろん、再発しにくい身体を作りたい方はぜひ、大津市・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院をご利用ください。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜