TEL

ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、腰椎や頚椎の間にある椎間板という軟骨組織が圧迫によって潰れてしまい、飛び出た部分が近くを通る神経に触れることで、足腰に痛みやしびれが生じる疾患です。脊椎のどこでも起こりますが、もっとも多く見られるのは腰椎です。椎間板は過労や加齢によってすり減りやすい傾向にありますが、腰に負担のかかる作業をされているような場合には、年齢に関係なく引き起こされます。

椎間板の中心部分には、水分を多く含むゼリー状の髄核(ずいかく)と呼ばれるものがあります。その周りを丈夫な線維輪が取り囲んでいて非常に弾力がある組織なのですが、加齢などで柔軟性を失ったり、強い圧力がかかると線維輪に亀裂が入り、中にある髄核が飛び出してしまいます。これが周囲の神経を刺激して、痛みやしびれを引き起こすのです。
どの場所に起こったかによって、痛み方や症状は異なりますが、多くの場合はしびれや痛みは腰だけでなく、おしりから太ももの裏側、ふくらはぎまで広がります。場合によっては、足先まで電気が走ったようにしびれが出てしまうこともあります。
また、広範囲にわたっておきた場合は、両足のしびれや筋力低下のほか、頻尿・残尿感・尿失禁といった排尿障害を引き起こすことがあります。重症になると膀胱や直腸が機能しなくなることもありますので、そうなる前に、ぜひ草津・大津・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院へお越しください。

また、ヘルニアがあると痛みのある部位を無意識にかばうため、姿勢が悪くなってしまうことがあります。そうなると身体がゆがみ、筋肉が片方に引っ張られるため、全身のいたるところで痛みが出てしまいます。

逆に、ヘルニアは椎間板への過度な負担が原因となっても生じます。もしも骨格にゆがみがある場合、ゆがみのバランスと取ろうとして無意識に筋肉や関節に負担がかかり、椎間板にもダメージが及んでしまうことがあるのです。そのため、椎間板ヘルニアを根本から解消するためには、骨格に起こっているゆがみを整えてあげる必要があります。そんな時は、草津・大津・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院にお任せください。

草津・大津・瀬田・石山のいいな鍼灸整骨院では、ヘルニアの痛みやしびれにお悩みの患者さま、お一人お一人に対して、ケースに合わせた専門治療プランをご提案しております。当院の施術者は、厚生労働省が認定している国家資格を有しておりますので、今のお身体の状態に真に望ましい治療を行うことが可能です。ショッピングセンター内ですので、お買い物のついでに気軽にお立ち寄りください。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦24-11

駐車場

無料駐車場 1000台あり

予約について

予約に関するご案内

休診日

火曜・金曜